2008年03月22日

2008 GOGO GIANTS

 2008年3月22日。きっとこの日は私にとって忘れられないイベントに参加することになる。数年ぶりに我が愛しき巨人軍のイベントに再度出演する。松井秀喜のメジャー挑戦の時期に、GIANTS関連のライトスタンドでの演奏、選手別応援歌制作"業"から離れ、この数年は"本業"のJAZZトランぺッターとして日本中を駆け巡った。しかし、どんな時もGIANTSを愛し、応援し、地上波のTVが放映が少なくなっても心からの声援を贈り続けた。久しぶりのオファーに70歳を数年越えた心に”ときめき”が広がった。こんな感情は久しぶりなのである。
 原監督率いる巨人軍の出陣式ともいえるこのイベントは、GIANTSファンは楽しみにしているはずだ。翌日にはボストンレッドソックスの一戦が待っている。ライトスタンドでの演奏はしないが、この日の「闘魂込めて」を「精魂込めて」演奏する!そして、時間の許すなら私の作った『原辰徳のテーマ』=「嵐を呼べ、Let's GO、Let's GO…」を空高く吹き上げようと思う!

GOGO巨人軍〜よみうりランド
 


posted by GOTENABE.GIANTS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | GOTENABE NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

いよいよシーズンが始まる!

 2008年のオープン戦が活気を見せている。原巨人は下馬評どおりなら完全優勝間違いなしだ。しかし、北京オリンピックで上原、高橋由伸、小笠原、阿部、李たちが抜けるとき、すなわち8月の戦いが勝負をわけるはずだ。そのために取ったグライシンガー、クルーン、藤田などの投手陣は上原の分をまかなえるはずだが、矢野、清水で由伸の穴の外野を守ってもらいたい。問題は小笠原、阿部、李の穴だ。二岡をサードにした際、今のままでは遊撃をまかせられる人材に乏しい。坂本もいいのだが、小坂あたりにきっちりと固めてもらいたい。李の代役はいっそ亀井あたりができないものだろうか?攻撃的布陣を貫くなら、コンバートをしてでも亀井をレギュラーで使い続けるのも首脳陣との信頼関係かもしれない。
 いずれにしても、優勝を目指すことは必至だ!日本一こそが、今年課せられた使命だ!ファンは思う。「スタンドに行きたい!」と思えるようなプレーを…。
posted by GOTENABE.GIANTS at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | GIANTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ロマンあふれる憂愁の音色で、多様なサウンドを紡ぎ出す楽器、トランペット。このCD集は、そんなトランペットと有名楽曲のユニークな新たな出逢い。「アカシアの雨が止むとき」といった昭和歌謡の名曲から、「さくら貝の歌」などの抒情歌、「マイ・ウェイ」などの世界のヒット曲まで。渡辺正則、ニニ・ロッソをはじめとする実力派のトランペッターがお届けする、独自のサウンド世界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。