2008年04月27日

坂本勇人しか注目を浴びていない現在の状況

 今日の敗戦はファンが最も辛い負け方だ。日曜日、しかも阪神戦。あと、適地の甲子園球場。9回まで1点差で勝っていながらの押し出しサヨナラ負け…。監督も選手も声も出ないだろう。そしてそれを支えるファンもだ。こういう場合、明日の移動日を切り返していい方向に如何に転換できるかだな。
 坂本しか注目が集まらない。テレビを観ていても、球場に行っても「気迫」を感じないことが多い。なんとなくバラバラな感じさえする。今季の14の負け方は打線のラインが見えないままだ。「惜しいっ」と思わせる様な敗戦ではない。完全にのみ込まれている。
 火曜日からは広島戦だ。下位のチームとはいえ、負け越している。どうしても亀井を活かしたいのなら「谷」「小坂」を先発にし、代打で使うのはどうか?今は、ベテランの地道なつなぐ野球をして1勝1勝を積み上げていくしか無い。
ラベル:巨人 坂本勇人
posted by GOTENABE.GIANTS at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | GIANTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

グライシンガーとクルーン

勝った。1−0。
首位と7ゲーム差か…。
グライシンガーとクルーンで勝つのは良いのだが、彼らだけでは物足りない。上原、尚成の勝利が必要だ。阿部の爆発が必要だ。二岡の復帰が必要だ。谷よ!もっとがむしゃらに自分をアピールだ。3タテの連勝が必要だ。今月はまだ11試合ある。残りを8勝3敗で、通算14勝13敗で乗り切れる。全勝とはいかなくても、無理の無い数字だ。
posted by GOTENABE.GIANTS at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | GIANTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

気迫は気迫から

 三振をしても悔しがれ!タイムリーを浴びてももっと悔しがれ!つまり、勝負師である以上、悪い結果にもっと悔しがってほしい。淡々と負け試合が進んで行く。その場面を観ているファンはどれだけ歯痒いか?そんな気持ちになってほしい。
 選手も監督も『頑張っているよ!』と言いたいところだろうが、往年の野球黄金時代とは違って、巨人ファンは本当に少なくなっている。「巨人ファンです」と言うのが恥ずかしいという人間さえいる。そんなことでイイのか?巨人軍よ!
 だからこそ『がむしゃら』な表情を出そう。『気迫』を無理してでも態度に表そう。このまま行くと今日も負け試合だ。しかし、気迫を取り戻せ!3割の勝率は勝負への気迫が阪神や中日に劣っているからだ。アウトの送球もテンポよく投げ、アウトの走塁もテンポよく走り、ファールさえ最後まで追いかける。そんな野球が巨人軍のプレーだ。
 
ラベル:GIANTS 巨人
posted by GOTENABE.GIANTS at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | GIANTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

それでも巨人は王者の野球を

 日曜日にホームランだけで勝ったと思えば、今日のこの有様…。中日に前回のドームで3連発で打ち負かしたあの勢いを打線や投手陣に持ってほしい。監督、そろそろ勝つ野球をしないか?本来の打順の順番で組めば打線のつながりももどるはずだ。
 現状の打線なら
1:SS 坂本
2:CF 亀井/谷
3:RF 高橋
4:LF ラミレス
5:3B 小笠原
6:2B ゴンザレス
7:1B 大道
8:C 阿部
9:P ピッチャー
この方が、打順と役割がマッチングする。
批判はしない。だが、いつまでも上がらない打率と打線の繋がりには大変歯痒い。そして、上原と尚成にはもう一度、巨人軍のプライドをもって望んでほしい。

とにかく頑張れ!まだまだ4月だ!
posted by GOTENABE.GIANTS at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | GIANTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

由伸250号と坂本のプロ入り1号満塁ホームラン!

 完璧な試合だった。2人のホームランは始業式前の子ども達に大きな感激を与えた。この何日も出ていないタイムリーヒットも出た。これが王者の戦い方だ。
 由伸の守備に付く時のライトスタンドへ高く手を上げる姿こそ、ファンと一体になって戦うプレーヤの姿だ。あの帽子を取って声援に応えることで、ファンはもっともっと声援を贈ってくれる。シーズンは長い。自分でどうしようもない時、声援が暗雲を吹き払ってくれる時もあるだろう。

 それにしても今日の声援は大きかった。きっと選手も感じてくれたはずだ。明日以降、連勝をしないと意味が無い。プロ入り1号満塁ホームランの坂本!本当におめでとう!まだまだ若手にチャンスはある。亀井のヘッドスライディングは注目されてなかったようだが、ファンは見ている。もっと、もっと、ベテランを脅かす若手がどんどん出てきてほしい。ファンはニューヒーローを求めているのだから!

 
posted by GOTENABE.GIANTS at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | GIANTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

坂本勇人の応援歌を

坂本勇人が頑張っている。未だに代打マーチが彼の応援歌だ。
2年目の選手で、昨年の実績が無いから、今の状況は応援団も予想しなかったはずだ。しかし、彼の応援歌が球場に響き渡るのは、きっとそう遠くない!頑張れ勇人!秀でたセンスと、若さからくる戦う姿勢と勢いが、今の巨人を栄光へと導くはずだ!栄光への坂道を一気に駆け上がれ、熱き声援を受け戦え「勇人」











posted by GOTENABE.GIANTS at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | GIANTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

東京ドームにこれだけの阪神ファンがいるとは…

 今日も何も良いところが無く完敗した。本当に完敗だ!ネットでは『原監督解任』のブログもちらほらと出てくる始末だ。しかし、監督や采配だけではない。野球とはそんな簡単なものではない。
 私のページを選手が見ていると人に聞いたが、もしこの記事を見ている選手がいたらこの先をじっくり読んでもらいたい。それは、『ファンを見ること』だ。試合開始前の球場の周りを見ろ!クルーンがやったように2階席からグラウンドを見ろ!プロの自覚を持つために、自分たちを見にきてくれる、そして叫びにも似た応援をしてくれるファンの目を見るのだ。どんなに負けていても、ファンを大切にしてほしい。練習中に声援をおくる子ども達に、1度でイイから手を振ることだ。そうすれば、東京ドームは変わる。
 私がライトスタンドにいた頃は、今日程の阪神ファンはいなかった。最近はまるで甲子園のようだ。それは、球団広報だけがファンサービスをやるのではない。スタンドに目をやるだけで、変わるのだから簡単なことだ。

 あしたの阪神戦。

今日の敗戦が悔しいのなら、朝から並ぶファンをちゃんと見て球場のロッカーに行ってほしい。G-KINGに並ぶファンを見てほしい。D席招待券(指定券を引き換えるため)の長い列を見てほしい。選手が見ないと、選手がそういったファンを大切に思わないと敗戦以上のダメージがあるはずだ。

 巨人よ!往年の輝きを取り戻せ!
ラベル:GIANTS 巨人 原辰徳
posted by GOTENABE.GIANTS at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | GIANTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

打線のつながりは今の打順ではあり得ない!

 昨日の感動はどこにいってしまったのか?年俸や、実績にこだわらずに打順を構成してほしい。つまり、相手の嫌がるポイントを考えるのだ。監督よ!周りの声を気にするな!ラミレスを4番にするのではなく、阿部を4番に据えろ!彼がキャプテンだ!この状況をわかっているはずだ!彼が重責を担ったとき、チームは浮上する。彼の笑顔がチームをGIANTS魂を取り戻す。このままではいつになっても変わらない。投手は野間口を使え!実績だけにこだわるな!ファンが期待しているのは、巨人らしい巨人だ!
 
posted by GOTENABE.GIANTS at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | GIANTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

高橋由伸よ、亀井よ、小笠原よ!

よくやった!
涙が出る程の華麗な逆転劇だった!
残り2回を豊田とクルーンで締めくくれ!
posted by GOTENABE.GIANTS at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | GIANTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

原辰徳よ!ここが正念場だ!

書かずにはいられない!
今日でワーストの開幕5連敗だ!

選手の調整不足もささやかれているが、それだけじゃない。
必要なのは『気持ち』だ。

試合開始前に球場の外を選手に見せるんだ!
平日にも関わらず、会社から急いで来るサラリーマンや、子ども達の姿を見せるんだ!
遠くからバスで来る観客の顔を見せるんだ!

がんばれ!監督。

ラベル:原辰徳 GIANTS 巨人
posted by GOTENABE.GIANTS at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | GIANTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ロマンあふれる憂愁の音色で、多様なサウンドを紡ぎ出す楽器、トランペット。このCD集は、そんなトランペットと有名楽曲のユニークな新たな出逢い。「アカシアの雨が止むとき」といった昭和歌謡の名曲から、「さくら貝の歌」などの抒情歌、「マイ・ウェイ」などの世界のヒット曲まで。渡辺正則、ニニ・ロッソをはじめとする実力派のトランペッターがお届けする、独自のサウンド世界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。