2008年06月30日

ラミレス!おぉ、ラミレス

 応援歌の歌詞の通りの活躍にただただ脱帽だ。「光り輝く明日を見せる〜」という歌詞とその活躍ぶりはG党の支持を独り占めだな。昨日の場面は、ここで打ってこその場面。それでグランドスラムとは、応援していたファンも応援団も『歓喜』の時間だろう!勿論つないだ小笠原も、由伸もよく頑張った。欲を言えば6回の守りではあったが、明日から7月。光り輝くシーズンにするために、本当に頑張ってくれ!
 そして、広島のG党よ。土曜日の雨は散々だったが、昨日の応援は素晴らしかった。テレビでしか観戦できていないのだが、スピーカーからもちゃんと聴こえるくらいの声援だった。広島球場でのあれくらいの声援があるとテレビでしかみれないG党に勇気を与えてくれる。きっと勝つ、絶対勝つというイメージを選手にも与えたろう。大阪のG党にも是非がんばってほしいものだ。
posted by GOTENABE.GIANTS at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | GIANTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

約束をまもれるか?

 後半戦に突入した。が、相変わらず不甲斐ない。 上原浩治、 二岡智宏、高橋尚成、イスンヨプ よ!開幕前の約束を覚えているか?そう『奪回』だ。君たちの活躍無くしてこの10.5ゲーム差は縮められ無い。クライマックスのあの悔しさを思い出せ!そして7月は全勝の勢いで勝ち進め!必死に、そしてオリンピックに野球を8年後もう一回やるために!
posted by GOTENABE.GIANTS at 23:02| Comment(0) | TrackBack(1) | GIANTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

巨人を応援することは生涯の楽しみだ!

IMG_2470.jpg

 地方の応援団関係者からのメッセージをもらった。ありがとう!いろいろあった応援人生だったが、インターネットとはいえ、メッセージをもらうのはうれしいものだ!
 ところで最近、よくドームにいかなくなった経緯を聞かれることがある。いろいろな誤解もあるのかも知れないが、決して巨人を愛さなくなった訳ではない。むしろ、自分が離れて「あぁ、これほどにも楽しい日々を送っていたんだな」と思う。しかし、今となっては、行き辛ささえもある。野球を観に行くだけなら内野席も良いのだろうが、ライトスタンドを知っている私にとってはS席やバルコニーシートすら興味が無い。ホームチームを応援できるあのライトスタンドこそ野球応援の最高の場所なのだから。
 ま、昔話は抜きにして。このブログを読んでくれているGIANTSファンに感謝をしたい。それは、いまだに「渡辺正典」を応援してくれる人がいることだ。野球とトランペットと外野席の「わかる」人にしか「わからない」世界の”旧住人”をいまだに覚えていてくれること、いまだに声援してくれること、だ。これは本当にありがたい。
 演奏をしに東京ドームに行くのは、今はたぶんないだろうが、後半の勢いでクライマックスも勝ち、見事、日本一になったときには「辰徳マーチ」を高らかに球場全てを巻き込んで演奏してみたいものだ。

 

 
posted by GOTENABE.GIANTS at 23:22| Comment(1) | TrackBack(0) | PROFILE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

後半戦も、がんばれ巨人軍応援団

 もう何年も経っているが、私も毎日毎日、東京ドームに通っていた。もちろんトランペットを奏でに、だ。勝っても、負けても、巨人のために精一杯の今でいうGIANTS愛を贈り続けていた。プロトランぺッターとして、最初はキャンペーンのつもりでライトスタンドに参加したのだが、いつしか気づけば10年以上、選手別に曲を作り、それを演奏していった。「他球団と比べて、ジャイアンツの演奏は今でも素晴らしいですねぇ」っていう評価をいただくと、本当に嬉しい。「当時、先生がいたからですよ」と言われるとなおさらだ。

 残念なことに、今、私はスタンドにはいない。ある勢いで、去る決意をしたのだが、プロトランぺッターとして、その後、様々なコンサートを重ねてきたのだが、ライトスタンドでの演奏は、今でもやり残した思いがたくさん残っている。
 ライトスタンドの応援には、賛否両論ある。しかし、あの応援で選手がどれほど奮起したかは、数知れない。(選手の中には、違う人間もいるだろうが)或る、他球団からきた選手は、自分の応援歌ができることで、もっとやる気を出したということを聞いたことがある。それだけ、応援歌や応援団に「文化」や「役割」ができていると思うのだ。最近の試合終了後の監督のコメントや高橋由伸選手のコメントにも「声援が嬉しい」という様な?内容の発言があった。これこそ、応援している人間に取っての最高の言葉だ。

 現在、ユニバーサルから「巨人軍選手別応援歌」が発売されている。この中には、幾つか私が作ってきた曲がまだ残っている。原監督、高橋由伸選手、清水選手、代打マーチ、戦いすんで、がそうだ。(いつか、1曲も無くなってしまうかもしれないが)最近の曲については、先日初めて聴いたが、他球団と違って本当に素晴らしい。是非、GIANTSファンなら球場の感動そのままに味わえる作品なのでおススメしたい。

 そして、巨人軍応援団。これからも巨人を盛り上げていこう!君たちがいるからこそ、観戦を楽しみにしているファンがたくさんいる。子ども達が増え、若い人、カップルが増えているのは、君たちの「力」も大いにある。(勿論、巨人もだが)欲を言えば、大阪での試合にも「数の力」が見せられる位になると良いのだが。

 優勝の原動力として、後半戦も、がんばれ巨人軍応援団
posted by GOTENABE.GIANTS at 15:17| Comment(2) | TrackBack(0) | GIANTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

真田裕貴がベイスターズにいく

 横浜ベイスターズは10日、鶴岡一成捕手(31)と巨人・真田裕貴投手(24)との交換トレードが合意に達した、と発表した。投手陣の駒不足に悩む横浜ベイスターズと、北京オリンピック代表でこのまま阿部が抜けるを想定して、ベテラン捕手の補強を目指した巨人の思惑?が一致したとのことだ。
 球団がそう決めたのだから仕方がない。ただ、真田にはもうすこし巨人で頑張ってもらいたかった。彼の闘志むき出しのピッチングには、今の巨人に必要だと思っていた。実績はもちろん、登板機会の少ない真田には丁度いい球団かもしれないが…。彼の入団の時の新聞を覚えているだろうか?スポーツ紙の1面を飾ったことを…。しかし、ここ数年、いやルーキーの時の6勝以外球団には殆ど貢献していない。門倉のためにも鶴岡を取って正解なのかもしれない。
 
posted by GOTENABE.GIANTS at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | GIANTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

坂本勇人の応援歌



この曲はちょっと難しそうだな。スタンドで1回くらいの観戦では覚え辛そうだ。
posted by GOTENABE.GIANTS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | GIANTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

加治前竜一 サヨナラプロ入り1号HR



 素晴らしい選手が出てきた。これは球史に残る一撃だ!こういう選手が出て来るということは、今シーズンまだ諦められないな。
posted by GOTENABE.GIANTS at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | GIANTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

寺内の殊勲打を活かしたかった

 今日の敗戦、寺内の殊勲打を活かしたかった。敗因は9回の矢野のダブルプレーだろう。あそこで去年までの勝負強さが出ていれば、あと2点取れたろうに…。ラミレスの代走を古城にしたのも敗因のひとつかもしれない。まぁ、負ける時はこういうものだ。
 しかし、G党よ!まだまだ諦めるのは早い!もうすぐで高橋由伸、二岡、上原、イスンヨプが戻って来る。今日の戦力ではよくやった方だ。次のオリックス戦で2連勝して、週末のドームから再出発だ!
 
ラベル:寺内 GIANTS
posted by GOTENABE.GIANTS at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | GIANTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ロマンあふれる憂愁の音色で、多様なサウンドを紡ぎ出す楽器、トランペット。このCD集は、そんなトランペットと有名楽曲のユニークな新たな出逢い。「アカシアの雨が止むとき」といった昭和歌謡の名曲から、「さくら貝の歌」などの抒情歌、「マイ・ウェイ」などの世界のヒット曲まで。渡辺正則、ニニ・ロッソをはじめとする実力派のトランペッターがお届けする、独自のサウンド世界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。