2008年06月10日

真田裕貴がベイスターズにいく

 横浜ベイスターズは10日、鶴岡一成捕手(31)と巨人・真田裕貴投手(24)との交換トレードが合意に達した、と発表した。投手陣の駒不足に悩む横浜ベイスターズと、北京オリンピック代表でこのまま阿部が抜けるを想定して、ベテラン捕手の補強を目指した巨人の思惑?が一致したとのことだ。
 球団がそう決めたのだから仕方がない。ただ、真田にはもうすこし巨人で頑張ってもらいたかった。彼の闘志むき出しのピッチングには、今の巨人に必要だと思っていた。実績はもちろん、登板機会の少ない真田には丁度いい球団かもしれないが…。彼の入団の時の新聞を覚えているだろうか?スポーツ紙の1面を飾ったことを…。しかし、ここ数年、いやルーキーの時の6勝以外球団には殆ど貢献していない。門倉のためにも鶴岡を取って正解なのかもしれない。
 
posted by GOTENABE.GIANTS at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | GIANTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ロマンあふれる憂愁の音色で、多様なサウンドを紡ぎ出す楽器、トランペット。このCD集は、そんなトランペットと有名楽曲のユニークな新たな出逢い。「アカシアの雨が止むとき」といった昭和歌謡の名曲から、「さくら貝の歌」などの抒情歌、「マイ・ウェイ」などの世界のヒット曲まで。渡辺正則、ニニ・ロッソをはじめとする実力派のトランペッターがお届けする、独自のサウンド世界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。