2008年06月19日

後半戦も、がんばれ巨人軍応援団

 もう何年も経っているが、私も毎日毎日、東京ドームに通っていた。もちろんトランペットを奏でに、だ。勝っても、負けても、巨人のために精一杯の今でいうGIANTS愛を贈り続けていた。プロトランぺッターとして、最初はキャンペーンのつもりでライトスタンドに参加したのだが、いつしか気づけば10年以上、選手別に曲を作り、それを演奏していった。「他球団と比べて、ジャイアンツの演奏は今でも素晴らしいですねぇ」っていう評価をいただくと、本当に嬉しい。「当時、先生がいたからですよ」と言われるとなおさらだ。

 残念なことに、今、私はスタンドにはいない。ある勢いで、去る決意をしたのだが、プロトランぺッターとして、その後、様々なコンサートを重ねてきたのだが、ライトスタンドでの演奏は、今でもやり残した思いがたくさん残っている。
 ライトスタンドの応援には、賛否両論ある。しかし、あの応援で選手がどれほど奮起したかは、数知れない。(選手の中には、違う人間もいるだろうが)或る、他球団からきた選手は、自分の応援歌ができることで、もっとやる気を出したということを聞いたことがある。それだけ、応援歌や応援団に「文化」や「役割」ができていると思うのだ。最近の試合終了後の監督のコメントや高橋由伸選手のコメントにも「声援が嬉しい」という様な?内容の発言があった。これこそ、応援している人間に取っての最高の言葉だ。

 現在、ユニバーサルから「巨人軍選手別応援歌」が発売されている。この中には、幾つか私が作ってきた曲がまだ残っている。原監督、高橋由伸選手、清水選手、代打マーチ、戦いすんで、がそうだ。(いつか、1曲も無くなってしまうかもしれないが)最近の曲については、先日初めて聴いたが、他球団と違って本当に素晴らしい。是非、GIANTSファンなら球場の感動そのままに味わえる作品なのでおススメしたい。

 そして、巨人軍応援団。これからも巨人を盛り上げていこう!君たちがいるからこそ、観戦を楽しみにしているファンがたくさんいる。子ども達が増え、若い人、カップルが増えているのは、君たちの「力」も大いにある。(勿論、巨人もだが)欲を言えば、大阪での試合にも「数の力」が見せられる位になると良いのだが。

 優勝の原動力として、後半戦も、がんばれ巨人軍応援団
posted by GOTENABE.GIANTS at 15:17| Comment(2) | TrackBack(0) | GIANTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりにコメントさせていただきます。

 6月22日の試合は本当にすばらしかったです。9回2死、2-3のカウントで大道の同点ホームラン!正直今日はソフトバンク杉内にやられてもしょうがないという気持ちで応援していました。半ばしょうがないという気持ちで悔しいけど・・・ともったらまさか!と誰も思いました。本当にうれしかったです。そして木村拓也のサヨナラ打!ファンも歓喜あふれる中、応援団はどのタイミングで応援するか必死な状況です。いかに球場全体にお客様を喜ばしていくか。常日頃真剣に応援しています。私もテレビ・・・???テレビで応援していました(福岡に住んでいるので・・・)前回、福岡交流戦で第2戦目で見事にサヨナラ負け+連敗をしてしまいました。その悔しさを東京応援団に託して借りを返してほしいと思いました。今日の試合は延長12回表、松田逆転ソロ、ああまたか。けど、みんなの声援が選手に伝わった。これほど嬉しいものはありません。そして福岡での悔しい思いは東京でまず一つ返せた。あともう一つ今日の日曜ソフトバンク戦。そして本当の借りはもう一回!福岡の地で返したい。今年中に!(日本シリーズで)
 さて、明日22日で交流戦が終わり、来週末広島市民球場(27日〜29日)リーグ戦が始まります。その試合に私は行きますが。今度の広島は多数。東京応援団も駆けつけてくれるので普段の倍以上は応援できると思います。
それから相変わらず広島のトランペットのおいじさんは元気に吹いていますよ。ジャズペット40年!応援暦25年以上!

では。
Posted by 福岡 at 2008年06月22日 01:04
東京読売巨人軍応援団
http://giantsouendan.com/index.2htm
Posted by 福岡 at 2008年06月25日 13:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ロマンあふれる憂愁の音色で、多様なサウンドを紡ぎ出す楽器、トランペット。このCD集は、そんなトランペットと有名楽曲のユニークな新たな出逢い。「アカシアの雨が止むとき」といった昭和歌謡の名曲から、「さくら貝の歌」などの抒情歌、「マイ・ウェイ」などの世界のヒット曲まで。渡辺正則、ニニ・ロッソをはじめとする実力派のトランペッターがお届けする、独自のサウンド世界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。