2008年06月23日

巨人を応援することは生涯の楽しみだ!

IMG_2470.jpg

 地方の応援団関係者からのメッセージをもらった。ありがとう!いろいろあった応援人生だったが、インターネットとはいえ、メッセージをもらうのはうれしいものだ!
 ところで最近、よくドームにいかなくなった経緯を聞かれることがある。いろいろな誤解もあるのかも知れないが、決して巨人を愛さなくなった訳ではない。むしろ、自分が離れて「あぁ、これほどにも楽しい日々を送っていたんだな」と思う。しかし、今となっては、行き辛ささえもある。野球を観に行くだけなら内野席も良いのだろうが、ライトスタンドを知っている私にとってはS席やバルコニーシートすら興味が無い。ホームチームを応援できるあのライトスタンドこそ野球応援の最高の場所なのだから。
 ま、昔話は抜きにして。このブログを読んでくれているGIANTSファンに感謝をしたい。それは、いまだに「渡辺正典」を応援してくれる人がいることだ。野球とトランペットと外野席の「わかる」人にしか「わからない」世界の”旧住人”をいまだに覚えていてくれること、いまだに声援してくれること、だ。これは本当にありがたい。
 演奏をしに東京ドームに行くのは、今はたぶんないだろうが、後半の勢いでクライマックスも勝ち、見事、日本一になったときには「辰徳マーチ」を高らかに球場全てを巻き込んで演奏してみたいものだ。

 

 
posted by GOTENABE.GIANTS at 23:22| Comment(1) | TrackBack(0) | PROFILE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この3連戦での広島、アウェーとはいえ本当に力強い応援でした。普段の広島の応援はカープの応援に圧倒され悔しい思いの連続です。でもそのわずかな力、広島に来てくれるジャイアンツファンの熱い気持ちは本当に感謝します。

 さて、この3連戦を振り返ってみれば1勝1敗1引とまずはといいたいところです。が、正直2戦目の土曜日は非常に痛かった、というものあの大雨の中で、コンディションが悪い中の痛いミスのエラー、そして7回表の巡ってきたチャンスで突然の無情のコールド引き分け。本当に悔しい試合でした。でも本当にうれしかったのは大雨の中でわざわざ遠方から駆けつけてきてくれた応援団の方。常連さん。そして何よりうれしかったのはたくさんの子供たちが大好きな野球を見に来てくれたこと。それが何よりでした。いつの日か新入団発表で「僕はあの応援でプロ野球選手になりたい」というのを聞きたいなと思います。これほどうれしいものはありません。

 そして、最後に次の広島市民球場は7月28日(月)、29日(火)平日、状況は厳しいですが、限られた人数で応援に駆けつけます。大好きな野球の子供たちへ!!夏休みを利用してぜひ広島、ジャイアンツの応援に来てください!



Posted by 福岡 at 2008年06月29日 19:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ロマンあふれる憂愁の音色で、多様なサウンドを紡ぎ出す楽器、トランペット。このCD集は、そんなトランペットと有名楽曲のユニークな新たな出逢い。「アカシアの雨が止むとき」といった昭和歌謡の名曲から、「さくら貝の歌」などの抒情歌、「マイ・ウェイ」などの世界のヒット曲まで。渡辺正則、ニニ・ロッソをはじめとする実力派のトランペッターがお届けする、独自のサウンド世界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。