2008年06月30日

ラミレス!おぉ、ラミレス

 応援歌の歌詞の通りの活躍にただただ脱帽だ。「光り輝く明日を見せる〜」という歌詞とその活躍ぶりはG党の支持を独り占めだな。昨日の場面は、ここで打ってこその場面。それでグランドスラムとは、応援していたファンも応援団も『歓喜』の時間だろう!勿論つないだ小笠原も、由伸もよく頑張った。欲を言えば6回の守りではあったが、明日から7月。光り輝くシーズンにするために、本当に頑張ってくれ!
 そして、広島のG党よ。土曜日の雨は散々だったが、昨日の応援は素晴らしかった。テレビでしか観戦できていないのだが、スピーカーからもちゃんと聴こえるくらいの声援だった。広島球場でのあれくらいの声援があるとテレビでしかみれないG党に勇気を与えてくれる。きっと勝つ、絶対勝つというイメージを選手にも与えたろう。大阪のG党にも是非がんばってほしいものだ。
posted by GOTENABE.GIANTS at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | GIANTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ロマンあふれる憂愁の音色で、多様なサウンドを紡ぎ出す楽器、トランペット。このCD集は、そんなトランペットと有名楽曲のユニークな新たな出逢い。「アカシアの雨が止むとき」といった昭和歌謡の名曲から、「さくら貝の歌」などの抒情歌、「マイ・ウェイ」などの世界のヒット曲まで。渡辺正則、ニニ・ロッソをはじめとする実力派のトランペッターがお届けする、独自のサウンド世界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。