2008年07月09日

二岡!山本モナとの記事は本当か?

 ちょっと残念だ。が、週刊誌の餌になってしまった二岡には、復帰を前にしてがっかりした巨人ファンも多かろう。読売という親会社のチームだからこそ、マスコミの餌食になってはいけない。男なら、恋愛も自由だといいたいところだが、女性週刊誌であることと、山本モナという、週刊誌ネタになりやすい女性であったことに、軽率だった部分があるのではなかろうか?ま、野球選手だ。ここは、ファンとして大目に見よう!豪快に記者を蹴散らせ!豪快に打撃で盛り返せ!それが何よりのファンサービスだ!

 とはいっても、二軍の試合を見に来ているファンに対して、 もっと積極的にサインしてあげろよ!せめて子どもにはもっともっと、だ。応援してくれなくなったら、人気も下がってしまう。今週の週末、もし1軍に戻ってきたなら、日曜日のデーゲームでは、お騒がせした罪滅ぼしと、ファンサービスのため、打撃練習中にセンターからライトスタンドにぶら下がっている『サイン下さい』のボール、Tシャツ、ユニフォーム、色紙にできるだけ、いや、全部書くくらいやってみてほしい。二岡のサインをもらったら、こんな騒動は一瞬で消えるはずだ。そして、その試合は「ガツン」と復活弾を期待しているぞ!
ラベル:山本モナ 二岡
posted by GOTENABE.GIANTS at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | GIANTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ロマンあふれる憂愁の音色で、多様なサウンドを紡ぎ出す楽器、トランペット。このCD集は、そんなトランペットと有名楽曲のユニークな新たな出逢い。「アカシアの雨が止むとき」といった昭和歌謡の名曲から、「さくら貝の歌」などの抒情歌、「マイ・ウェイ」などの世界のヒット曲まで。渡辺正則、ニニ・ロッソをはじめとする実力派のトランペッターがお届けする、独自のサウンド世界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。