2008年05月27日

ゴンザレスのドーピング

 ゴンザレスの退団が決まった。そう、ドーピングの疑惑だ。巨人軍だけでなくプロ野球界にも大きな衝撃だ。しかし、本人の否定と今回の処分に徹底的な追及をかけてほしい。本人がそんなに否定するからには、解雇だけで終わらせることは良くないはずだ。なぜ、この様なことが起きたのか?交流戦の最中に起きたこの不祥事はこれからの順位を大きく左右する予感がする。

 つまり…、

他の選手で「ゴンザレスと同じ結果が出るんじゃないか?」と思っている選手が、出てくることだ。なぜ陽性なのか?そこをはっきりしないと、おびえながら、疑心暗鬼になりながら野球に打ち込めない選手が出てくるのは本当に不幸になる。

ファンのためにも、完全解決をしてほしいものだ。
posted by GOTENABE.GIANTS at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | GIANTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ロマンあふれる憂愁の音色で、多様なサウンドを紡ぎ出す楽器、トランペット。このCD集は、そんなトランペットと有名楽曲のユニークな新たな出逢い。「アカシアの雨が止むとき」といった昭和歌謡の名曲から、「さくら貝の歌」などの抒情歌、「マイ・ウェイ」などの世界のヒット曲まで。渡辺正則、ニニ・ロッソをはじめとする実力派のトランペッターがお届けする、独自のサウンド世界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。