2007年10月30日

音色は世界でも屈指〜天性のエンターテイナー〜

ハッピー・ミュージックの異名を持つデキシーランド・ジャズの魅力をより楽しく発散してくれるMr.渡辺正典は、私の最も敬愛するまことにユニークで、世界に誇り得るトランペッターです。昭和30年代の初め、彗星のように現れた彼のトランペットは、私を深く感動させました。彼の音色は世界でも屈指のものと思います。また、天性のコメディアンで私生活でもステージでも、笑いをいっぱいにふりまきます。とくにアームストロングばりの名歌手でもあり、彼独特の唄いぶりは、まったく他の追随を許さぬところであります。黒人的な強力なビート、そして素晴らしいフィーリングによる演奏は、まさに圧巻であります。エンターテイナーとして、卓越したミュージシャンとしての揺るがぬ実力、豊かな芸術性、音楽的才能、卓越した表現力、彼は本当に優れたアーティストであります。日本で最も人気のあるトランペッター、ニニロッソも「彼は世界のトップレベルである」と称賛しております。その心のこもった力一杯の演奏は、ますます多くの人々を魅了し、楽しませ、かつ感動せしめいくことと思います。

音楽評論家 油井 正一


posted by GOTENABE.GIANTS at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | COMMENT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ロマンあふれる憂愁の音色で、多様なサウンドを紡ぎ出す楽器、トランペット。このCD集は、そんなトランペットと有名楽曲のユニークな新たな出逢い。「アカシアの雨が止むとき」といった昭和歌謡の名曲から、「さくら貝の歌」などの抒情歌、「マイ・ウェイ」などの世界のヒット曲まで。渡辺正則、ニニ・ロッソをはじめとする実力派のトランペッターがお届けする、独自のサウンド世界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。